読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

由なし事を書き綴るだけ

ねずみ講の説明会に出てきた!

ねずみ講の説明会にできました。

皆さんが引っかからないようにその手法をご紹介したいと思います。

会社名は言いません。訴えられたら困るので(笑)

 

事の始まりは「ごはん会をやるから一緒に来ないか?」

と誘われた所からでした。

ホイホイと参加してみるとそこには若い人がたくさん居ました。

「ダイエットに興味ある?」とか

「美容にいいことやってみない?」みたいな感じで

若い人が興味あるような事を親切に教えてくれる人がたくさん居ました。

 

後日もう一度ごはん会に参加してみると

「ビジネス頑張っている人の集まりがある」

と言われました。

起業家とかの集まりなのかな?とついて行ってみる事にしました。

 

そこではビジネス塾と言った感じは全くなく、ミーティングと称して製品の広め方とか

「今月は〇〇人に紹介しました!」「表彰します!」

少しどころかだいぶ宗教じみている感じがしました。

ジョーさんと呼ばれる方はまるで教祖様のようで

ジョーさんは商品の広め方や仲間の増やし方を講演していきます。

 

話はまずは会社がどれだけしっかりしているかを説明されました。

「アメリカの共和党がバックについている」

「京セラドームを貸し切ってイベントをする」

「そのイベントにはクリントンが来る」

「ブッシュパパが製品を愛用している」

「6万人が集まる大イベントだ!」

 

怪しさが10倍増しになりました。

 

 その会社は日用品を人々に紹介して利益をあげているそうです。

しかしカタログを見せてもらうと日用品の他に鍋とかすごく高価なものとか

見るからに日用品から逸脱したものがありました。

 

さらに怪しさが10倍増しになりました。

 

続いて成功している人の話がたくさんできました。

頑張った人は報われるシステムと言う事を強調したいのでしょうか、

一定のノルマを達成すると

高級なパーティに参加できたり、

クルージングディナーに招待されたり、

収入がものすごい事になるからクルーザーを購入した人が居る

なんて事を力説されました。

 

ちょっと心が傾きました(笑)

 

どうしてそのように莫大な収入を得られるかの説明に移りました。

どうみても教科書に書いたようなねずみ講のシステムでした。

口説き文句は

「頑張った人が儲かる仕組み」

「寝ててても収入がある仕組み」

「コツコツやる人が儲かる仕組み」

 

もう怪しさ満点です♡

 

説明会が終わりました。

次は頑張った人の表彰式です。

一定の目標(たくさん売り上げがあった人)を表彰します。

 

表彰される人は一人一人前に出て行きます。

「ジョーさんありがとうございました。〇〇グループのAです。来月もがんばります!」

「ジョーさんありがとうございました。〇〇グループのBです。もっと上を目指してがんばります。」

「ジョーさんありがとうございました。・・・・」

 

ジョーさんって教祖か何かか??

 

 ミーティングが終わりました。

さて解散となっても参加者は帰ろうとしません。

「いやージョーさんの話はよかったねー」

「ジョーさんの話は参考になる」

 

・・・・・・

 

1500円のミーティング参加費を支払い帰って来ました。

「これ、使ってみてね」

その会社が扱っている栄養ドリンク3本と石けんを渡されました。

怖いのでまだ使っていません。

高い授業料でした(笑)

 

このブログの読者は「ごはん会」とか「パーティ」とかそういうのには気をつけてね!

 

図解日本アムウェイ―ひと目でわかる! (B&Tブックス)

図解日本アムウェイ―ひと目でわかる! (B&Tブックス)