読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

由なし事を書き綴るだけ

7年もあれば時代は大きく変わる。

7年後の2020年に東京オリンピックが決まりました。

7年後は○○歳になっていて、きっとその頃自分は結婚していて子供が居て・・・・

なんて妄想をした方も多いのではないでしょうか。

 

7年経つと結構世の中は変わります。

それを証明するために今から7年前の2006年を振り返ってみたいと思います。

 

・液晶テレビが高かった。

当時は1インチ1万円と言われていて、シャープの32型の液晶テレビが30万しました。

シャープは液晶の技術に長けていて、一番人気の製品でした。

亀山に工場をつくり、大規模な投資をしてイケイケでしたが、

液晶の価格下落が予想以上に早く、亀山工場は採算が取れなくなり売却せざるを得なくなりました。

 

iPhoneなんてなかった!

iPhoneの発売は2007年です。

iPhone以前のスマホは、ボタンがたくさんついていたり、ペンで操作したりするものでした。

iPhone発売以降、ボタンがたくさんついてるスマホはなくなり、指のみでソフトウェアキーボードを操作するタイプが一般的になりました。

また2006年はウォークマンiPodで音楽を持ち歩くのが主流でしたが

今ではiPhoneやスマホに入れるのが普通になっています。

 

・ハイブリッド車なんて少数

プリウスぐらいしか発売していなくて、台数もそんなに多くなかったです。

今では町中でハイブリッド車をたくさん見かけますが、

2006年頃はまだまだ高く、環境に興味のある富裕層のための乗り物でした。

 

ニコニコ動画なんてなかった。

ニコニコ動画はβ版が2007年の1月にサービスを開始しました。

当時動画共有サイトとしてyoutubeが出てきたばかりで、とても目新しかったです。

 

・小泉総理が終戦の日靖国神社を参拝

2005年に郵政選挙に大勝した小泉総理は、2006年の9月をもって首相を辞めることを公言していました。

そしてかねてからの公約であった8/15に靖国神社参拝をついに成し遂げます。

この頃から終戦の日靖国問題は切っても切り話せない関係になりました。

 

ほかにもまだまだいろいろありますが、たった7年でもずいぶん前のように感じます。

時代は大きく変わるもんです。7年後、どのような日本になってるのでしょうか??

 

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉