読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記

由なし事を書き綴るだけ

EOS Mを2ヶ月使ってみての感想

Canon デジタル一眼カメラ EOS M(ブラック) ダブルレンズキット EOSMBK-WLK

Canon デジタル一眼カメラ EOS M(ブラック) ダブルレンズキット EOSMBK-WLK

 

3月上旬にEOS Mを購入しました。

シンプルなデザインがかっこ良かったのと、コンパクトなデザインが決め手でした。

普通の一眼レフカメラ(私が使っているのはD5000)と比べて良い点、悪い点を挙げていきます。

 

良かった点

・コンパクト!

カメラは持ち運びのしやすさも重要ですよね。

一眼レフだと大きくてカバンに入れるのも一苦労。

首にかけて散歩する時も重いので持ち出すのに少し気合いが要ります。

でもEOSMはコンパクトなので気軽にカバンに入れられますし、持ち運びも楽チンです。

 

・タッチパネルでのピント合わせ。

一眼に無い機能として、タッチした所にピントを合わせてシャッターを切ってくれます。

まるでスマホのカメラを扱っているみたいです。

ピント合わせを簡単に指定できるので、思った通りの写真が撮れます。

 

・インテリジェンスオートがマジでインテリジェンス

撮影機能としてインテリジェンスオートという機能があります。

その名の通り写真を撮る上で大切な設定を自動でしてくれます。

露光補正という、ちょっと初心者には難しい設定があるのですが、

それも自動で行ってくれます。

とっても賢い機能です。

 

・やっぱお買い得!

ズームレンズ、単焦点レンズ、スピードライト(フラッシュ)、マウントアダプター(キャノンのレンズを使うためのアダプター)が揃ってこの価格はお買い得です。

初心者でも写真を楽しめます。

 

不満な点

・ピント合わせが遅い

運動会とか動きのある物を撮るのには使えません。

ピントを合わせるのに最大で1秒程かかってしまいます。

 

・ファインダーが無い。

コンパクトにするためにファインダーが無くなっていますが、

一眼レフでファインダーを覗くのに慣れている人は最初は使いづらいと思われるかもしれません。

ファインダーを覗かないと「撮ってる気分になれない」って人もいらっしゃいます。

 

 

こんなEOS Mですが、慣れてしまって、得意不得意を理解すれば十分に上級者でも使えるカメラです。

 

キヤノンEOS Mマニュアル (日本カメラMOOK)

キヤノンEOS Mマニュアル (日本カメラMOOK)

 

周辺グッツも充実して来て、色も多数選べるのは嬉しいですね。

キャノン  EOS M  專用の カメラケース (茶色)

キャノン EOS M 專用の カメラケース (茶色)

 

スマートフォンのカメラを使い慣れていて、一眼を初めて購入してみたい方におススメです。

それではEOS Mを持って散歩してきます^^